折れたシステムインフォメーションディスプレイはプラリペアで修理しよう!

なのでプラリペアを購入。
一緒に型取りくんも!
※今回は型取りくん使わなかったけどね……。
でもこれはセットで持ってた方がいい。












走り出した途端にプラプラのシステムインフォメーションディスプレイ。


取り付けたまま、Di2ケーブルを何度も取り外ししたのが原因かな?
ケーブルの取り回しで何度も取り外ししちゃったからなあ。
結構グイッと挿してバチッていうからねえ……。
という訳で修理しないといけません。

見事に割れてます。
オーバートルクもあったのかな?
直した後は気をつけよう。

四角ナットが固定できれば使用には問題ないので少し盛り気味にして、更に完全にナットを埋め込むことで強度を上げましょう。


プラリペアで盛ってるところ。




不格好ですが盛れてきたし、ナットは固定できた。
しかしまだ盛りが足りない。
自分で使うから見た目よりも強度重視。


更に盛りつつ、ネジ穴だけは塞がないように穴を確保。




こんなぐらいでいいでしょう。
次はヤスって盛りすぎた所を削っていきます。
プラリペアの強度はプラスティックと同等なので、鉄ヤスリなら簡単に削れていきます。


大体平面出た。
本当なら、もう一回盛ってから鉄ヤスリで削ってペーパーで面出しするんだけど、自分のだからこれでいいや。
普段見る場所じゃないし、強度は十分だから。




本当なら、横も削って整えた方が見栄えいいんだけど無視!

※この後、ちょっとだけ整えました。

後は取り付け、ちゃんとワッシャーも入れてオーバートルクにならないように注意して締め付けます。
また割れるかもって思うと怖かったので、少し緩めに。
でも外れると困るのでネジロックを投入。
これで大丈夫でしょう。



 
この記事をブログで紹介! Embed

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿