エアロ化にむけてレックマウントを新調してシステムインフォメーションディスプレイを前に移動してみたらトラブルが!?

レックマウント買いました。


今ついているのもレックマウントです。
ボルト穴を使うモデルです。


なぜ交換するかって?

今度交換しようと思っているステム、シマノPRO VIBEが前にボルトが無いので、今のレックマウントが使えないんですね。



それと、エアロハンドルにしたら、Di2 システムインフォメーションディスプレイがつかないんで、場所を変える必要があるのです。
そのため、まずはシマノエアロハンドルに対応したレックマウントに代えるのです。

そして、このレックマウントならDi2 システムインフォメーションディスプレイを小改造で、前に移動できるみたいだし。
雑兵合宿で見て覚えた。
エアロハンドルだとシステムインフォメーションディスプレイはつかないんですよね。
だから移動が必須!

まずはレックマウントの交換。
これは簡単でサクサクとやっちゃいます。
はい、完了!

問題はここからです。
システムインフォメーションディスプレイを、まず分解していきます。
分解といっても、ケーブルを外して、クランプ部分を外すだけ。
分解完了。

ではレックマウントに取り付けていきましょう。
レックマウントの横穴にボルトを取り付けるのですが、直付けだとガーミンに干渉しちゃう!
仕方ないので少し延長してオフセット。
これなら干渉しないでしょう。






後はケーブルを繋げるだけ。
Di2のケーブルはいつも取り外ししにくい!
この専用工具があるだけで、全然作業コストが楽になります。




はい、取り付け完了!
ケーブルの空気抵抗は結構あるのでタイラップでまとめます。
ケーブル1本でフォーク並みの空気抵抗だというのを見たことあるくらいです。
なので、ここは本数よりも太さが問題。
前から見るとこんな感じ。


ブレーキケーブルはどうにもできないので、そこにDi2ケーブルを纏めて這わせる感覚です。
結構スッキリしてると思うけど、システムインフォメーションディスプレイがハンドル前にあると空気抵抗ありそうだなあ。
ハンドルの後ろに持っていきたい……。
これは今後の課題ですね。

そしてケーブルの取り回しをしたので、バーテープ取っちゃったから巻くのが面倒だなあ。
やれば直ぐなんですけどね。


まあ、ボロボロだったから代えなくちゃいけなかったんで、ちょうどいいですな。

これで完成だ!
あれ――!?

   
この記事をブログで紹介! Embed

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿