OGK超薄手タイプ BT-06バーテープを交換!Di2の方はバーテープを巻くときには注意が必要だよ!

バーテープを交換しましたよ。
私はOGKの一番薄いコイツを愛用しています。


あまり太いハンドルの握り具合が好きじゃないんですよね。
細い方が握りやすい!!

それとギュッと握り込んだ時に指がめり込む感覚も好きじゃないんです。
多少振動が伝わってきたとしても、それよりもダイレクト感を重視ですね。
それに体重をずっとかけているわけじゃないんだから、薄くて振動で手が痛いとかはないでしょ?

なので私はいつも内巻きです。
握り込んだ方向になるようにですね。

たまにバーエンドを付けていない人がいますが絶対につけましょう!
ついていないと落車した時なんかに足に刺さったりしちゃいますよ!


前に落車した時に削れたバーテープがキレイになりました!






今回巻くときに注意したことがあります。
それはDi2ケーブルの取り回しです。

落車したときにRDが動かなくなり壊れたかと思ったのですが――
踏切で足をすくわれて派手に落車!ここ危険だけど、このままにしとくの!?
これはケーブルが外れていたことが原因でした。
落車したときにSTIが曲がって動いちゃったんですね。
これは緩めて真っ直ぐにはしたんですが、ケーブルがギリギリだったので抜けてしまったんです。

だからこうやってSTI側のケーブルを余らせておくことです。
これなら楽車してSTIが曲がってもケーブルが抜けづらい!




これマニュアルに、こうする様に書いてあるんですね。
読まずに付けたから……。

あとケーブル付け外しするときは専用工具を使いましょう!
これがあると無いのでは付け外しの楽さが大違いですよ!

使い方は引っ掛けて外すのと、ケーブルを通して刺すだけなんですけどね。



この記事をブログで紹介! Embed

にほんブログ村 自転車ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿