チューブレスタイヤは取り付けが大変? IRC FORMULA PRO TUBELESS RBCCを取り付けてみた。

最近チューブレス対応のホイールを買ったのですが今まではクリンチャーで使っていました。
でもせっかく買ったんだからチューブレスを試してみたい。
じゃあ試してみよう!


取り付けの動画を撮ってライブもしてみました。


選択したタイヤはIRCのFORMULA PRO TUBELESS RBCC

まずは取り付け前に重量を測ってみます。
276g。


メーカー発表は280gなので、それより軽かった!
ちなみもうひとつは278gだった。


このタイヤは回転方向があるので、それに注意!


取り付け前にリムテープを巻かなくてはいけないんですけど、このホイールは最初から巻かれてました。

しかも、チューブレスレディではなく、チューブレス対応ホイールです。
なのでリムの内側がナローではなく、ちゃんと段がついています。
ここにビードがかかります。


チューブレスなのでバルブを取り付ける必要があります。
私はホイールに付属のバルブを使いましたが、IRCのバルブは性能がいいそうです。


タイヤをはめてから石鹸水を塗る人もいますが、私は最初に塗る派。
それも結構多めに塗ります。
タイヤワックスの代わりにもなると思ってですね。


石鹸水は食器用洗剤を普通に水にちょっと入れてます。
100ccに数ccをちょんと入れるだけですね。
それでも結構泡立ちます。
タイヤをはめるときはクリンチャーと同じ。
ビードにだけ気をつけてね。
切っちゃうと。そこから空気が漏れてタイヤがパーだから。

だからIRCからチューブレス用のタイヤレバーが出てます。
この尖った方をタイヤをはめる時に使います。


ちゃんとビードをセンターに落とせば手だけでもはめられますけどね。
でも普通にはめると硬いし、ビード切っちゃうとアウトだから用意はしといた方がいいです。

タイヤをはめるときはバルブ部分が最後。
こうやってバルブ部分以外をはめてしまいます。
ちなみに私はタイヤのメーカーロゴがバルブポイントに来るように取り付けてます。

バルブポイントだけタイヤをはめずに残しておいて、ここからシーラントを入れます。
IRCタイヤなのでIRCのシーラントを選択。
入れる前にはよく振りましょう。
タイヤを広げて、その隙間からシーラントを入れます。
ロードは大体30ccですけど、ちょい多めに入れておきました。


シーラントを入れたらグルっと1周回してから、ビードをセンタにー落としてバルブポイントもはめて装着完了。


ここでちゃんとビードをセンターに落としておかないと空気が入らずに苦労することになります。
今回は無事に一発で入ってくれました。


ビードが上がる時にパン!と大きな音がします。
両方のビードが上がるので2回音が鳴ればOK!
一応タイヤを回してビードが上がっているかはチェックしますけどね。


これでOK!
今まではカラータイヤだったけど、真っ黒になったから精悍になったかな?


大体1本15分くらい。
慣れたらもう少し早くなるかな。

今回はIRCを選んだけど、次回はコンチのGP5000も試してみたいね。
Prime - BlackEdition 50 カーボンホイールセット




この記事をブログで紹介! Embed

にほんブログ村 自転車ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿