踏切で足をすくわれて派手に落車!ここ危険だけど、このままにしとくの!?

最近は色々あって久々のロングツーリング。
なのに派手に落車しちゃいましたよ……。

場所はここ



東青梅駅のすぐ横の踏切です。
ここを普通に通ったら、スコーンと足をすくわれて落車してました。

落車の瞬間は、全く想定していなかったの本当に何も気づかず。
まあスリップ系のダウンは慣れているので、自然と受け身をとっていたみたい。

転倒中に「ヤベッ、ヘルメットが擦ってる」って思ったのは覚えてる。
後でメットを見たら左後ろに擦った跡がある。


身体も左側に擦過傷があります。


パッと見は大したことないけど太ももやお尻も打ち身があって結構痛いです。
後から見たら左足が血だらけ!


ちなみにスコーンと滑って左から身体が落ちて、そのままクルッと回ってバイクを叩きつけたみたい。
バイクは右側にダメージが……。




RDもガリッちゃってます。


私はスプリントする時にクリートが外れるのは嫌なので、ペダルのロックを一番固くしているのですが、コケたときも両足ともついててビックリ!!
変な回り方してたら足が折れてたね。

痛いけど、とにかく踏切からは脱出して安全な場所まで移動しました。
そこで落ちたチェーンを直そうと思ったら――

見てもあまりわからないけど、衝撃でRDの中にスポークが入っちゃってた。


これだけホイールの中にRDが入ってるとハンガーも曲がってるだろうし動かすこともできず困ってましたが、このままでは帰れないので痛いの我慢して復旧作業を行います。


まずはRDを外して、絡んだスポークから抜きます。
その後でRDを取り付けたら、手で引っ張ってハンガーを戻します。
どうせショップに持ち込んでも曲げるだけだから一緒だよね。

これでチェーンをかけたら、大体OKだろうと思ってたら、ギアが変わらない!?

確かDi2って転倒した時の安全装置があったよな?的に思い出したので、ちと調べてみます。
ネットはなんでも載っている!
プロテクション機能が働いていたみたいですね。
ジャンクションAかインフォメーションディスプレイを5秒以上押せば解除できます。


これで一安心!
しかし――!?

解除してもRDが動かない!!
しかもFDは動く!!

これはRDを壊したか!?
ガリガリだったし、叩きつけてるからなあ。
それとも右のSTIか?

と思ってましたが、一応スマホとDi2をつなげてみると右のSTIを認識してない。
ってことは!

右のSTIを捲ってみるとケーブルが外れてた。
叩きつけたからね。

問題はこのケーブル、手だと付け外ししづらいんですよね。
安いんだけど流石に持ち歩いてない。
でも取り付けたら、ちゃんと動いてくれた!!
これで帰ることができる!
よかったよかった!
ハンガーが微妙に曲がってるから変速が変だけどねw
折れた用に予備ハンガーやエマージェンシーハンガーとかも持ってたほうがいいね。

ヘルメットも落としたから交換しないといけないなあ。
今度はAEROーR1かな?

それ以上に落車しないほうが大事か……。
知り合い達にも、ここで落車した人がいるし、この踏切危険なんじゃない?
ずっとこのままにしとくのかな?



この記事をブログで紹介! Embed

ここをポチッとお願いします!!
にほんブログ村 自転車ブログへ

1 件のコメント :