ESSクロスボウCrossbowをとりあえず使ってみてのレビュー

この記事をブログで紹介! Embed

壊れた中華ブレイカーの代わりにESSクロスボウが届きました。
今回は本物を買いましたよ!
米軍流れのバッタモンみたいだけど……。

ちなみにESSはOAKLEYのミリタリー部門です。


スモークとクリアのレンズ、それとストラップや曇り止めがついていました。
ケースもありましたよ。

ワンタッチでレンズの取替が可能、とのことだったのでやってみました。
センターの部分がロックのようです。

ロックあり。


ロックなし。
外した状態。


確かにワンタッチでセンター部分のロックは外れた――
でもレンズが取れねえ!

少し困ったけどレンズを曲げたら簡単に取れました。
こんなに深い溝でハマってたら、ワンタッチじゃ取れねえだろ……。


でも慣れたら簡単に取り替えが可能です。
とりあえずスモークを取り付けました。
これで夜の通勤をしましたが、思ったよりも見る方は暗くない。
都内(23区)なら何も問題なく使えますね。

秩父の山を夜走っても大丈夫かどうか、夜中の荒サイを走って確認しておかないとね。
厳しいようなら調光レンズにするかミラーレンズだなあ。
あとESSの売りですが、レンズが曇らない。
少なくとも今の所、まだ一度も曇ってませんね。

それとレンズが分厚い。
もともと米軍が使用しているシューティンググラスですからね。
石とかが飛んできても普通のアイウェアより大丈夫です。
10mの距離からショットガンで撃たれても通さないらしいから、石ころぐらいはへっちゃら!

現にAPELの文字付きですからね。
これは米軍指定アイテムの証拠。
ちなみにNATO仕様は文字が無いそうです。


私には必要ありませんがオプションでこんな物もあります。
これでレンズを別につけられるので、目の悪い人でも安心。
わざわざコンタクトを用意する必要もありません。
簡単に取り外し可能なので、外してコンタクトをする事も可能みたい。
さすが米軍アイテム、細かい部分にてが届く。

使ってみて感じた問題は、ちょっと低くて顔にあわない。
米軍仕様だから日本人の顔にはフィットしないんですね。
だからアジアンノーズを買いました。


これを付けたら問題なく顔にフィットするようになった。
走ってみても上から風が入る事が無くなりました。
ヨーロッパ仕様(ノンアジア)のジョーブレイカーよりも、上からの風の侵入は少ないです。

でも走ってる時には気にならなかったけど、少し風を巻き込んでいるのか、走り終わってちょい目が痛い事に気付きました。
そんなに気になる程でもないし、今までジョーブレイカーで目を甘やかしてきたというのもあるのかな?

せっかくだしガスケットを買っちゃおうかなあ。

0 件のコメント :

コメントを投稿