ポチッとお願い

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

WH-9000C24デュラホイールが振れてるみたいなんだけど直るかな?

この記事をブログで紹介! Embed

微妙にフロントが振れてる気がします。
下りのブレーキングがなんだかシックリこない感じ。
そのせいでコーナーがスパッと曲がれないんですよね。

なのでチェック。
振れ取り台にセットして確認すると、ちょっと振れてますね。
1mmくらいなので、まあ許容範囲内なんだけど振れてる。


ぬるい感じがしてたので、ついでに全体的にテンションを調整します。
そのためにスポークテンションメーターを使います。




その前にスポークの太さを測ります。
C24は一応エアロスポーク、きしめん状なので太い方と細い方を測る必要があります。
細い方は1.1mm、太い方は1.9mmです。




これで太さがわかったので、表でテンションがチェックできます。
SteelBladeの1.1mm×1.9~2.0mmの欄ですね。


ちなみにC24のスポークテンションは100~140kgfです。
なので大体で換算表の15~18の間にする必要がありますね。

さてスポークテンションメーターを使います。
青い部分に点線が引かれてます、ここにスポークをとうします。


その時にはグリップをにぎったままです。


そして握ったグリップを放します。


これでバネで押された真ん中部分がスポークを曲げることで、テンションがわかります。

測ると15くらい、まあ問題無いですがちょっとぬるいですね。


なので、まず全てのスポークを16くらいになるように調整しました。

その上で振れとり。
振れ取りにはニップルレンチが必要。
ニップルレンチは持っているんですが、私はC24に付属のものを使っています。


エアロスポークは向きが変わってしまうとエアロじゃなくなってしまうので、スポークを回らないようにする工具も必要。
付属のニップルレンチでもいいのですが、短くて使いにくいので社外を使っています。


振れとりして殆どの場所で問題なくなったのですが、一箇所どうしても振れがとれない。

どうしても直らない場所にマスキングテープで印をつけます。




テンションを12までぬいて、側のスポークを18まで締め込んだんですが、リムの振れが出っ張ったまま。


もう限界以上にスポークテンション抜いてるから、これ以上は緩められない。
側の2本も限界まで締め込んでるから、これ以上は無理だしどうしよう?

もう少しカンカンに締め込んだ方がいいのかな?

一応1mm以内には収まってるから、このままにするのがいいのか?
それとも緩めたスポークを規定値までは締めておいた方がいいのかな?

素人では、このあたりが限界なのでプロにだすしかないか……。
でもC24のリムは柔らかいからプロでも調整しきれないとも聞いたけど……。
とりあえずは、このままでも走れるけどどうしよう?



早朝登坂自転車隊というチームで走っています。現在は募集停止していますが!女性は歓迎!!Twitter、コメントなどでお声がけください。一緒に楽しく走りましょう!!
条件は、早朝に彩湖、ホンダエアポートに集合できて、一緒に走れればOK!
トレインの巡航速度は30kmちょっとくらいですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿