ポチッとお願い

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

通勤車の通常整備と、GARMINスピードセンサー電池交換時にホイールバランス取り。

この記事をブログで紹介! Embed

最近、飯ブログだとか言われているので、たまには自転車のことも書いておきましょう。

洗車、注油の基本整備の途中に、こんなものを見つけました。


わかりますか?
シューの真ん中に金属粉がめり込んでいます。
こっちならわかるかな?


尖ったものでほじくり取り除きます。
こんな時はけがき針が欲しくなる。

後から気付きましたが、左のシューには段がついています。


写真だとわかりませんが下側が膨らんでいます。
おそらくですがシューが下過ぎて、ブレーキ面からズレていたのでしょう。
私の整備ミスか、シューが減ったので角度が変わったか、多分両方。

ヤスって平らにしておきます。


やはりわからない。


ついでにブレーキの調整。


この工具があると簡単に角度をつけて調整できるから便利。
さてセンサーの電池を交換しましょう。

ホイールからセンサーを外します。
ゴムバンドなんで外すの簡単。


このセンサーはいつも電池を外すのに苦労する。
精密ドライバーでほじくって外しています。


取り付けは普通なら外した場所につければいいのですが、このまえタイヤを交換した時にバランスをとってないので、ついで今回やってしまいます。

Foil係長に頂いた振れ取り台の登場です。
これがあるとバランス取りやすい。


ちなみにちょっと振れてたんで軽く調整もしました。
コンマ5以内に収めたから通常使用には問題なし。
最初から1ミリずれてなかったけどね。

今度ちゃんと振れ取りしよう。
少し縦振れもでてるし。

何度か回してみたところ、毎回この位置で止まります。
つまりこの場所の反対側が一番重い。

なので、ここに重りを付けていきます。
一応センサーも、ここで上になるように取り付けます。

センサーを取り付けても止まる場所は変わらず。
今度は重りをつけていきます。

ちなみに5g乗せても、止まる場所は変わらず。

10gを乗せてみたところ--


今度は重りをつけた所が下に来ます。
重すぎたみたい。

なので8gに下げてみたところ丁度いい。
何回か回してみたら、毎回違う所でホイールが止まります。
バランスとれたね。


じゃあ仮の重りの1円玉はやめて、本番のウェイトを付けていきます。
ちなみに1円玉は1枚1gです。

使う重りはゴルフのウェイトを使います。

一応重さを計っておきます。




本当ならコンマ単位は計った方がいいけどね。
計れるスケールだし。

整備するのに、ひとつハカリを持ってると役に立ちますよ。
パークリで脱脂して、本番ウェイトを貼り付け。
ちゃんと貼り付けるのにゴムハンで軽く叩いて、形をぴったり合わせます。


バランスもとれたし注油して完了。
次の週は雨が降るので、硬めのオイルを使います。


これなら雨でもオイルが切れる心配が薄いね。
実はこの後に、ホイールのハブもオーバーホールしました。
それはまた別で紹介します。
ちなみにボタン電池は通電すると発火する恐れがあるので、ちゃんと絶縁しておきましょう。
まじで発火するよ。


早朝登坂自転車隊というチームで走っています。現在は募集停止していますが!女性は歓迎!!Twitter、コメントなどでお声がけください。一緒に楽しく走りましょう!!
条件は、早朝に彩湖、ホンダエアポートに集合できて、一緒に走れればOK!
トレインの巡航速度は30kmちょっとくらいですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿