ポチッとお願い

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

SIDIの新型シューズSHOTを履いてみてのインプレです。

まだ履いている方も少ないであろうSIDIのSHOTです。
今までは8000円で買った安物シューズを使用していました。

新シューズのSHOTですが、さすが性能で初めて履いたのが大磯クリテだったのですが、見事優勝することができました。

詳しくはこちらで。
http://blog.makireiya.com/2016/11/blog-post_26.html


このシューズは世界最高の選手、マイヨ・ジョーヌのフルームが履くシューズです。
ハズレのわけがありません。



あくまで個人的な考えですが、迷ったらSKYかトレックを参考にしておけば失敗はないと思っています。

だからシューズはSIDI、ヘルメットはカスクです。
ボントレガー高いから……。
カスクも高いけど……。

この流れなら自転車はピナレロかトレックを選びそうですけど、そこはANCHORを選択。
機材は丈夫さも大事だから……。

今のフラッグシップは軽過ぎて強度がなあ……。
RS9にフレームを変えたいんだけど、RS8より保ちがなあ……。
弱くなりそうな気がしてるんですよね。
それでも海外フレームよりも、強度は高いんだろうけど。

コストで選ぶならジャイアントも有りだと思うけどね。

おっと話が随分それた。


ベルトだとしっかり締まってない感じがあったので、前からBOAダイヤル式のシューズに変えたかったのですが、やっと念願が叶いました。

私は褒められたことではないんですが転倒率が高めなので、BOAダイヤルを真ん中に配置されているのが嬉しい。
横についていると、コケた時に壊れちゃうからね。



それに真ん中へ配置されたことで、前面投影面積が減り空力もアップしているそうです。
このダイヤルは、真ん中のボタンを押すことでレバーが立って回すことができるようになります。



この安全機構のおかげで、何かあった時でも回ってしまうことがありません。
それに回しやすいし、強度がちょうどいい所で設定されている。

これ以上締めちゃダメよって所まで締めると、レバーが曲がりそうになって、ここで止めろと教えてくれる。
こういうのが無いと、ついつい締めすぎまで締めちゃうからね。


ソールはカーボンになっただけあって硬くなった。
でも硬過ぎず、踏んだ時には適度なしなりもあって足が痛くなることもありません。



空気の取り入れ口も前と真ん中の二箇所にあります。
今は寒いので、前側は閉じています。





私の足は甲高甲広のアジア人足なのですが、それでも痛くなることはありませんでした。
と言っても、まだ500km強しか乗っていないけどね。

というか、実は初履きのレースの時は、しっくりきていなかったんですよね。
微妙にフィットしていなくて、引き足を強めにすると、甲部分が浮くというか動くというかズレるんです。
当然一番強く締め込んでいたんですけどね。

これも走っているうちに、どんどんアッパーが馴染んできて、締め込んでいけるようになっていき、今ではきっちり馴染むようになりました。



このシューズを買っていきなりレースなどには使わずに、馴染ませてから使ったほうがよさそうです。
焼いて成形などはしないので、その分馴染ませるのに時間がかかるのでしょう。
できれば数百キロは走っておきたいですね。

ヒール部分は硬いので、なかなか馴染むことはありませんが、ここはネジ式で調整が可能。
リフレクターもついていて、安全にも配慮されています。



SKYが使っているのにレース機材というわけではなく、公道使用も考えられているのは嬉しいですね。

まだ日本には数が入ってきていないようなので、見かけることは少ないでしょうが、年明けにはかなりの数が入ってきて買いやすくなるそうです。
お値段は安い――とはいいませんが、性能はピカイチなのでおすすめのシューズですよ。
みなさんもどうですか?

早朝登坂自転車隊というチームで走っています。仲間を募集していますので、Twitter、コメントなどでお声がけください。一緒に楽しく走りましょう!!
条件は、早朝に彩湖、ホンダエアポートに集合できて、一緒に走れればOK!
トレインの巡航速度は30kmちょっとくらいですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿