ポチッとお願い

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

大磯クリテリウム スポーツ2組優勝の内容レポート!

久々の大磯クリテです。
昼前くらいに輪行で到着。

今日は雑兵のミツ隊長がいらっしゃらないそうなので、雑兵テントはなし。
雑兵の――ではなくU.D.Nレーシングのかれ~うどんさんに挨拶して、雑兵U.D.Nレーシングのみなさんの所で時間を潰します。

レースが始まるまでやることないし、準備することもこれといってないしね。
今回準備したのは、レースにむけてニューシューズを投入したくらい。



本当は、このために用意したんじゃないけどね。
でも、このシューズの初使用はこの日です!!


本当の準備としてアップをしておければいいのですが、輪行だとローラーを持ってくるわけにもいかず、その辺りを走るくらいしかできません。
あまり、そんな気分にもならなかったので、走行前には軽くストレッチをするだけに留めておきます。


開始30分前にはエネルギー剤を投入します。
大会スポンサーのアスリチューンを飲むべきなのかもしれませんが、私が飲んだのは梅丹ゴールド。
アスリチューンも効くんですが、身体のことは個人差があります。
私には梅丹ゴールドの方が効く!


今回勝ったのにアスリチューンもらえなかったし……。
もらえると思って期待してたんだけどなあ……。


この日、寒いけどレース時間くらいなら夏ジャージでも大丈夫だろうと考えてチームジャージを着ていきました。
さすがに下にタイツを履いておいて、上もインナーをロングにする予定だったんですが――

インナー半袖だった……。
寒いのになあ……。

おかげでレースが始まる30秒前まで上着を被って、ギリギリの所で預かってもらいます。
これも一番後ろにいるからできること。

今回のレースは脚を温存して勝つ予定なので、一番後ろでスタートでOK。
ただ膝が痛いから、あまり踏めないだけなんですけどね。



一番後ろの進行方向左側、青黄色のEMHジャージを着ているのが私。

アップはスタートしてからするものです!
最初のローリングスタート中は、大きく動くダンシングで、身体を温めることを心がけます。
後荷重で脚は使わず、体力を使うようなダンシングですね。

まあ、ローリングスタートの速度では疲れないんです。


ペーサーがコースアウトし、レースが開始。
速度が上がっても無理せずついていきます。
一番後ろなら、ほとんど風を受けないから脚を使わなくてもついていけるね。

速度が上がっても慌てずに、追いかける人の後ろについてコバンザメ。
多少速度が上がっても、どうせコーナーの入りのブレーキで団子になるから、そこで十分追いつけるから無理はしない。

団子になってコーナーに入るから、後ろはむちゃくちゃ速度が落ちちゃう。
大体27kmくらいまで落ちてた。
だから立ち上がりでは、さすがに脚を使わないといけないんだけど、前腿の筋肉、大腿四頭筋を使わないように、回転重視で脚を労って速度をあげる。

3~4回に1回は、ダンシングして使う筋肉を分散。
疲労しないようにコントロール。
とにかく楽して最後まで脚を温存します。

動画観てたら、私が映っている所は、ほとんど脚を止めてるw
なんてヤツだ!


ラスト3周までは最後尾でノンビリ。
そこから少し順位をあげようかなと、ホームストレートで中団くらいまで進んでおきます。

ラスト2周で、もうちょい順位を上げてアタックに対応できるようにアウト側をキープ。
バックストレートでひとり後ろから上がって行ったけど、一緒に上がってきた人が私の横にポジションをとるから動けず、ひとまず傍観。

ファイナルラップで、追いかけないとマズイかなあと思いながら見てたけど、そんなに離れてないし集団の速度が上がっていたので、脚を使うのはやめて追いかけようと速度を上げた人の後ろについて流れで走ります。

追いついたからなのか脚を使ったからなのか、追いかけている人の速度が落ちたので外から抜いて先頭集団に位置をとっておきます。
いつでも踏んで前にいけるように、飛び出たフェンスを抜けたら風を受けるのを承知で、アウトにポジションをとっておきます。

バックストレートの後半くらいまでは、このポジションのままでいて、最後に脚を使うかなと思っていたんですが、なんだかGUIさんがトップで逃げている。

これはマズイ!


一応、誰か追いかけたらその後ろについて――とは考えていたんですが、誰も追いかけない。
仕方なく自分で追いかけることします。

動画で後から確認したら、マズイと思った時点で速度を上げたので、この時点で私が前に出ていたんですね。
だれも追いかけないはずだ。

イクぞ!と決めて、後から動画を観た時に、ここから気合入れたんだとわかるようヘルメットのインテークを左手で下ろします。

こっちはフレッシュなサラ脚なので、流石に追いつきますが――


このレースで一番頑張って、映りまで考えていた所なのに、映ってないじゃん!!
ショックだ……。


GUIさんに追いついて、どれだけ付いてきてるかな?と、後ろを確認したら誰もいない。

後ろに付いてきてたら速度を落とす訳にもいかず、このまま加速しブレーキ我慢してインに鼻面を突っ込むつもりだったのですが、誰もいないなら無理をする必要もないし、仲間とぶつかってふたりで1、2最終コーナリタイアは避けたかったので、脚を止めてGUIさんの後ろでコーナーに入ります。

コーナー抜けたら踏んでと思ったら、かけるのが速すぎたのかGUIさんの左ペダルが地面に擦れて一瞬バランスを崩しました。

それをみてブレーキを掛けながらインにラインをずらしたら、GUIさんそのままイッちゃった。
こちらは踏み始めるタイミングが遅れたから、少し開いて、ヤバイかもと思ったんですが、GUIさんあまり加速していかない。

どうやらここまでで脚を使っちゃったんだな、と思いながらダンシングで追いかけます。
最後にバイクを振って踏み切るろうと、考えたのですが、この速度差なら抜けるなとわかった時点で腰を下ろし、ドラフティングから抜けて差し切って、勝つことができた!


大体は、想定通りのレース運びでいけました。
最後は確実に、脚の消耗度の差が出ましたね。


あまり褒められた勝ち方ではないんですが、チームメンバー無しの単独でレースするなら、真正面から勝負するわけにもいかないし、仕方ないかなと……。


今回の賞品はこの通り。
帰って美味しくいただきました。




早朝登坂自転車隊というチームで走っています。仲間を募集していますので、Twitter、コメントなどでお声がけください。一緒に楽しく走りましょう!!
条件は、早朝に彩湖、ホンダエアポートに集合できて、一緒に走れればOK!
トレインの巡航速度は30kmちょっとくらいですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿