ポチッとお願い

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

簡易的チェーン掃除とチェーン注油

みなさんはちゃんとチェーンの掃除、給油をしているでしょうか?
自転車はメカニカルロスは少ない乗り物ですが、それは整備が完全になされていることが前提。
ドヘドヘやサビサビのチェーンでは、一気にメカニカルロスが増大します。

回した時の抵抗が増えてしまい、速度が出ず、長距離を走ると疲れるといったことが起きてしまいます。
それを防ぐためにチェーンは常に綺麗に、そして注油をしておく必要があります。

毎回ちゃんと洗ってゴミや古いオイルを落として綺麗にしてから注油をしてあげれば最高ですが、完璧にそれをできないこともあります。
なので今回は、簡易的で効率のよいチェーン掃除、給油の紹介です。

まず汚いチェーンを綺麗にしましょう。

20160621_02.jpg

20160621_03.jpg

そのためのクリーナー。
ワコーズのチェーンクリーナーです。

20160621_04.jpg


注意点は、チェーンクリーナーを直接チェーンに吹き付けないこと!

20160621_05.jpg

チェーンクリーナーはチェーンではなく、ウェスに吹き付けて湿らせます。
この時のウェスは、マイクロファイバー系のウェスがオススメ。



普通のウェスだと毛羽立ってしまい、繊維がチェーンに絡んでしまうことがあるんですね。
せっかくチェーンを軽く動くように掃除、注油をしているのに、繊維を絡ませて抵抗を増やしては元も子もありません。
マイクロファイバーじゃなくても、毛羽立たないウェスを使うのは必須!

チェーンクリーナーで湿らせたウェスでチェーンを拭きます。

20160621_06.jpg

20160621_07.jpg

この時のコツは、外よりも中を綺麗にすることを心がけましょう。
中を綺麗にしようとすれば、外はほうっておいても綺麗になります。

プレートの横部分の汚れはあまり気にしなくても構いません。
もちろん綺麗にした方がいのですが、それよりも中のコマを綺麗にするのが第一!
ウェスでチェーンを挟み、コマを回すようにしましょう。

何周かしていると、ウェスが汚れなくなってきます。
そうすればOK!

最初と比べて綺麗になりました。

20160621_09.jpg

後は、チェーンオイルで注油すれば完成。
私は、チェーンオイルもワコーズです。



ちなみに、なぜチェーンにチェーンクリーナーを直接吹き掛けてはいけないのでしょうか?
それはチェーンのコマの中に、クリーナーの溶剤が入ってしまうからです。

ぶっちゃけた話、チェーンはコマの中にオイルが入っていれば、基本問題ありません。
そのオイルが多少硬くてもシャブシャブでも、素人レベルではほぼ変わりがありません。
無茶苦茶硬いオイルとかなら別ですが……。

そのコマの中にクリーナーが入ってしまうと、空気があまり触れないのでなかなかクリーナーが乾かないのです。
大抵の人が掃除後すぐにチェーンオイルを吹くので、クリーナーが入ったままチェーンオイルを注油しているのです。

当然ですが、残ったチェーンクリーナーが直ぐにオイルを洗い流してしまいます。
重要なコマの中にオイルが無い状態になって、重く回らないチェーンになってしまうんですね。
せっかく掃除したのに、悪いチェーンにしてしまっている。
それを避けるために、ウェスにクリーナーを吹き掛けてチェーンを拭くのです。
そうすればコマの中にクリーナーが残ることはありません。

チェーンクリーナーを直接チェーンに吹きかける方法は、簡易的ではなくなるので、今度紹介しますね。

ちなみにプーリーの汚れも取っておくのを忘れないようにしましょう。
チェーンクリーナを含ませたウェスなら、簡単に汚れが落ちます。

20160621_08.jpg

あと余裕があればカセットも綺麗にしておきましょう。
これは直接チェーンクリーナーを吹き掛けて構いません。

20160621_10.jpg

20160621_11.jpg

20160621_12.jpg

吹き掛けてカセットを湿らせて汚れを浮かせたら、ウェスをギアの間に差し込みます。
このウェスを一周させてやればカセットのギアが綺麗に!
これを全てのギアの隙間でやってあげましょう。
慣れれば3分かかりません。

これならチェーン掃除を忘れてても、出発前の10分で清掃、注油が可能です。


早朝登坂自転車隊というチームで走っています。
仲間を募集していますので、Twitter、コメントなどでお声がけください。
一緒に楽しく走りましょう!!

条件は、早朝に彩湖、ホンダエアポートに集合できて、一緒に走れればOK!
トレインの巡航速度は30kmちょっとくらいですね。


ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

6 件のコメント :

  1. SECRET: 0
    PASS: 9185c768dcb17a5f9a6ffa6b764a4c0d
    走り終わった後に毎回チェーン掃除はしていましたが、簡易版、参考になりました。これだと時間もかからなくて良さそうですね(^_^)/

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS: 46b82fb8d9a0769c71b02b42004e3809
    おおっ、参考になります!
    いっつもブシャーっとやっておりました。
    これならチェーン優しく、スプレーも浪費しないですね。

    返信削除
  3. にゃにゃき2016年6月22日 16:07

    SECRET: 0
    PASS: 2f1b1019978af71ccaa4661cf6dab1d3
    これが、噂のオイル部屋ですか
    思っていたのと違うくらいきれいだw

    返信削除
  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    また、ちゃんとしたやつも書きます!

    返信削除
  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > これが、噂のオイル部屋ですか
    > 思っていたのと違うくらいきれいだw
    だから普通だって言ってるのに!
    フローリングなら中で整備しても平気です!

    返信削除
  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > おおっ、参考になります!
    > いっつもブシャーっとやっておりました。
    > これならチェーン優しく、スプレーも浪費しないですね。
    せっかく整備するなら、効果がでないともったいないですもんね。

    返信削除