ポチッとお願い

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ちゃんとしたガッツリチェーン掃除に給油

以前簡易的なチェーン掃除を紹介したので、今日はガッツリとしたチェン清掃、注油を紹介。
ワコーズ製品が多いですが、これだけあればキレイな自転車をキープできますよ。

20160623_21.jpg

まずは後輪を外してスタンドへ上げます。
無かったらホイール付けたまま、リアスタンドでOK。

20160623_01.jpg

後輪を外した場合は、チェーンキーパーを取り付けます。
私はTNIのチェーンウォッシャーを使っています。
これはブラシがついていて回すだけでチェーンが綺麗になります。
ちゃんと掃除もするけどね。


チェーンにタップリとチェーンクリーナーを吹き付けます。
吹き付けるのは、この位置。

20160621_05.jpg

チェーンのコマの中にまで、チェーンクリーナーが浸透するように強く吹き付けましょう。


吹き付けたらこんな感じでチェーンにテンションを掛けて、ゆっくりと回します。
正確にはテンションをかけてコマが回るようにして、ゆっくり回すですけど……。

20160623_03.jpg

20160623_02.jpg

これでコマの中にまで浸透したクリーナーが動き、オイルが分解されるのです。

ついでにチェーンオイルで汚れている所も綺麗にします。
その際には、このブラシがあると便利。

20160623_05.jpg


汚い所にはチェーンクリーナーを吹き付けておいて、ブラシで叩きましょう。
プーリーにはこの様にブラシを当てて回せば、汚れが浮きます。

20160623_04.jpg

クランクの汚れもスプレーして、ブラシで汚れを浮かせておきましょう。

20160623_06.jpg

20160623_08.jpg

ちなみにこの時点では汚れを取る必要はありません。
油汚れを浮かせておくだけで十分です。
チェーンクリーナーで浮いた汚れは、水をかければ落ちますから。

メインのチェーンもブラシで汚れを浮かせます。

20160623_07.jpg

この時も、ブラシでコマを回すようにしましょう。
ブラシは左右に擦るんじゃなく、ひとつの方向へ動かして擦るようにしてください。
そうすることでチェーンの中のコマが回り、中のオイル汚れまで浮き上がります。

スプロケにもクリーナーをスプレーして、ブラシで汚れを浮き上がらせましょう。
ブラシで叩くようにしながら、ギアを回せば全ての汚れが浮き上がります。

20160623_09.jpg

20160623_10.jpg

これで一通り汚れが浮き上がったことになります。

後は水で汚れを流し落としましょう。
同時に洗車もします。

洗剤をバケツに入れたら、ホースを使い高くから水を入れましょう。
そうすれな簡単に泡立ちます。

20160623_13.jpg

この泡立った洗剤にスポンジを浸して、汚れを落としましょう。
チェーンも濡れたスポンジで擦れば汚れが落ちます。

フレームやスプロケもスポンジと水で汚れを落としましょう。
スプロケもこの通り。

20160623_15.jpg

普段バリアスコートをかけているだけあって、きっちり水を弾きますね。
雨の中を何度も走っているのに、効果バツグンです。

20160623_12.jpg

20160623_11.jpg

汚れを落としたら、絶対にしなくてはいけないことが!
それは水を拭き取って、チェーンにオイルをさすこと!!

最新のチェーンはコーティングされているので簡単に錆びることはないのですが、それでもほうったらかしにしたり、グレードが下のチェーンは直ぐに錆びてしまいます。
そういう意味でもデュラチェーンオススメ。
コーティングは錆以外にも、フリクションロスにもなるから、チェーンの高回転時の抵抗が全然違う――はず……。
私ごときでは体感できません……。
理屈では軽くなります。


話を戻してチェーンにオイルですが、オススメはワコーズのチェーンルブ。
これは水置換といって、水を追い出して油を定着させる効果があります。
これで錆びることなく、オイルが付着します。


もちろんある程度時間がたったら余分なオイルは拭き取りましょう。
この時にも毛羽立たないもので拭き取るのを忘れないように!
ここで繊維をチェーンに絡ませては、意味が無くなってしまいます。

その後には、フレームにワックスを掛けておきましょう。
そこでは私はワコーズのバリアスコートを使っています。

20160623_18.jpg


これは濡れた時に使用しても構いません。
効果は、先程の濡れた画像を見てもわかるように、ちゃんとコーティングしてくれます。
これは半年間効果がありますが、上塗りで効果が長持ちするそうなので、私は洗う度に掛けています。

このバリアスコートを直接吹き掛けても構いませんが、自転車のフレームなら無駄に飛び散ってしまうぶんがもったいないので、布に吹き付けてフレームを拭きます。

20160623_19.jpg

洗った後だけではなく軽く綺麗にしたい時にも使えます。
このくらいの汚れなら、スプレーして拭き取れば――

20160623_22.jpg

20160623_23.jpg

この通り。

20160623_24.jpg

チェーンを綺麗にして気持ちよく走るのは当然として、バイクも綺麗にして走れるといいですね。
普段からこまめに綺麗にしておくと、バイクのコンディションを保つのにもいいですよ。



早朝登坂自転車隊というチームで走っています。
仲間を募集していますので、Twitter、コメントなどでお声がけください。
一緒に楽しく走りましょう!!

条件は、早朝に彩湖、ホンダエアポートに集合できて、一緒に走れればOK!
トレインの巡航速度は30kmちょっとくらいですね。


ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

2 件のコメント :

  1. にゃにゃき2016年6月25日 0:53

    SECRET: 0
    PASS: 2f1b1019978af71ccaa4661cf6dab1d3
    チェーンオイルの違いって汚れ具合が違ったりしますが
    性能面で体感的にかなり変わるものなのでしょうか

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > チェーンオイルの違いって汚れ具合が違ったりしますが
    > 性能面で体感的にかなり変わるものなのでしょうか
    オイルがちゃんと塗布していれば、私には体感できません……。
    洗浄しオイルが完全に切れたチェーンを回しながらオイルをさすと、クランクを回す手が軽くなるのでこれは体感できます。
    通勤用には、フィニッシュラインのグリーン、ウェットを使っていますが、これは漕ぎ始め辺りでヌチャヌチャ言ってて硬いのを体感できるんですけど、回し始めるとわからないですね。
    オートバイのOリングチェーンもそうですけど、低回転時にはフリクションが高くても高回転では軽くなれば基本的には問題ない
    ですし、潤滑が一番必要なのは高回転時とトルクがかかっている時なので、油膜が切れにくい硬いほうがいいと考えています。
    自転車は人力なので、低回転時にも軽いほうがいいですけどね。

    返信削除