ポチッとお願い

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

通勤車のタイヤ交換。文句は無かったんだけど、やはりこれしかない! BRIDGESTONEディスタンザ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

通勤車の後輪が台形になってきました。
真ん中はもう真っ平ら、限界ですね。
これまではずっとリブモを使ってきました。

160411_03.jpg

このタイヤ、通勤タイヤとしては何も文句のないタイヤでした。
もちろん欠点もありましたけど、通勤ならこれを選んでおけば間違いはありません。

因みに私が感じたメリットとデメリットです。

メリット――
・もちがいい
 毎日通勤で使うので重要な項目です。
 後輪で5000km以上使えたので、十分でしょう。

・パンクしない
 過去にパンクは2回。
 それも「40kmくらいで大きな石に突っ込んでのスネークバイト」「画鋲を踏んでのパンク」と、これはどんなタイヤを履いていても起きたであろう、仕方の無いパンクでした。
 多少荒れ地を走ってもパンクの恐れを感じない、安心感の高いタイヤです。

・ウェットでも平気
 通勤なので当然、雨の日も乗ります。
 雨で濡れた路面でも、ドライとあまり変わりません。
 どんなタイヤを履こうがリムが濡れちゃったら、どうせブレーキは効かないんですけどね……。


デメリット――
・重い
 普通の人にとっては一番のデメリット。
 とにかく重い!
 鉄下駄ホイールRS-21との組み合わせは、未だに走り出しに苦労する。

 とはいえ、この減りにくさと耐パンク性能を考えれば致し方ない、というか当然なことだけど……。

・グリップしない
 ウェットでもドライと変わらないとメリットの部分に書きましたが……。
 そもそもドライでもグリップしない、という罠が!
 グリップ力って何? 美味しいの? という世界でブレーキでリアを滑らせることは日常茶飯事。
 私のブレーキングが下手なだけかもしれませんが……。

 もちの良さと耐パンク性能に全て振った通勤などの街乗りタイヤにグリップを求めることが間違っているんですけどね。

 これで雨のエンデューロレースに出場して、下りのコーナリングで滑ることもなかったから、普通に使うなら何も問題無いレベルです。



この様にメリット、デメリットを書きましたが、私にはもっと大きなデメリットがあります。
それは私がANCHOR乗りだということ!!

ANCHORに乗っている以上、タイヤはBRIDGESTONEを選びたいんです!!

リブモには何も文句は無かったけど、だから今回はこのタイヤ――
BRIDGESTONE、ディスタンザ折り畳み仕様を選びました。

160411_01.jpg

160411_02.jpg

通勤タイヤなので大きな差はないでしょうが、どのくらい違いがあるんでしょうか?
付けた感じだと、ディスタンザの方がゴムらしい感覚があります。
これならグリップ力は上がっていそう。

重量はこの通り――

160411_04.jpg

リブモ――

160411_05.jpg

ディスタンザ――

160411_06.jpg

リブモより、30g軽くなっています。

少し乗った感想と、予想です。
おそらくですが、ゴム(コンパウンド)の感じから、リブモよりディスタンザの方がグリップ性能は高く軽いです。
ですが、消耗も多分短いでしょう。
乗り心地は、確実にディスタンザの方が上です。
もっと乗ってみないと耐パンク性能はわかりません。

このような感じの感想に落ち着きましたが、BRIDGESTONEというメーカーは十分に信じられるので、まず悪いタイヤということはないでしょう。

正直な所、外れを引きたくなければ、金を持った有名メーカーを選ぶのが一番です。
金を持ったメーカーが本気を出した製品は、どれも悪いことはないので(いいのではなく、悪いのではない)BRIDGESTONEを信用しておきましょう。

そんな細かい理屈よりも、やっぱりANCHORにはBRIDGESTONEがいいですね。

160411_07.jpg



早朝登坂自転車隊というチームで走っています。
仲間を募集していますので、Twitter、コメントなどでお声がけください。
一緒に楽しく走りましょう!!

条件は、早朝に彩湖、ホンダエアポートに集合できて、一緒に走れればOK!
トレインの巡航速度は30kmちょっとくらいですね。


ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿