ポチッとお願い

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

やっとこれでカーボンサドルが取り付けられる。VIBEカーボンシートポスト31.6mm/20mm

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

今のままでは、せっかく買ったサドルを取り付けすることができません。
なので、シートポストを新調しました。
シマノPRO VIBEカーボンシートポスト 20mmオフセットです。

160330_01.jpg

この様に、楕円のカーボンサドル取り付けが可能です。

160330_09.jpg

あまり軽くはならないのは知っていましたが、いずれ交換したかったパーツです。
それはシマノPROユーザーの基本セットだからです。

基本的にプロレーサーは、スポンサーから供給されたパーツで走ります。
あくまで基本的で、トップレーサーになれば好きなパーツを選んだり、個人スポンサーが付いているものを使ったりもできます。
それでもメーカーロゴは消したりしていますがね。

サドルだけは特殊なパーツで、スポンサー外を選んでも認められることが多いです。
長時間自転車に乗っていますから、尻に合う合わないは大事なのでしょう。

話がそれてきたので戻しますが、シマノPROを供給されている選手は、PROカーボンハンドル、VIBE7アルミステム、VIBEカーボンシートポストの構成なんですよね。
たまにステムをVIBEカーボンを選んでる人もいますが、何故か皆ステムはアルミ。
スプリントの時の剛性感が、アルミの方がいいそうです。

アルペシン時代のキッテルや、今はANCHORの井上和郎選手が、この構成ですね。

私程度の脚力がスプリントした所で、歪んで寄れるはずもないんですが、一応ステムはVIBEアルミを選んでます。
安いってのもあるしね……。

というわけで、私も同じ構成になりました。
因みに、ステムキャップやエンドキャップも選手と同じアルミを使ってます。
実は、ここのパーツカーボンよりアルミの方が軽いんですよね。
安いプラスティックのエンドキャップの方が軽いけど、見た目も大事だし。

基本通り、まずは計測。
VIBEカーボン――

160330_10.jpg

アルミ――

160330_05.jpg

あんまり変わりません。
知ってたけど、カーボンとアルミが同じくらいって悲しいですね。

でもカーボンシートポストの良さは、軽さ以上に振動吸収性!
これで乗り心地が良くなり疲れなくなるはずです。

取り付け前に、クランプも新しくしてみました。
シマノPRO シートポストクランプ パフォーマンス。
シマノPROの軽量クランプです。
確かシマノPRO最軽量だったはず。



なので計ってみましょう。
新しい、シートポストクランプ パフォーマンス――

160330_07.jpg

古い、フレームに付いてきたクランプ――

160330_06.jpg

ちょっと軽くなった。
これだけ小さいパーツで2gは大きい数字です。
大きく肉抜きされてるしね。

そのため強度は高くなく、何度も付け外しして締めたり緩めたりする人には不向きです。
私は今回締め込んだら、次いつ緩めるかってくらいなので、全然問題ありません。

でも体感はできません。
俺は最軽量を付けているんだぜ! と悦に浸るためのパーツですね。
もちろん細かい事の積み重ねが、最終的には大きくなるので、軽くできるならして置いたほうがいいです。
――現実的な範囲ないでね。

体重が重め(私も軽くはありませんが……)な方や、パワーのある方は、あまり軽くするよりも強度重視にする必要もあるでしょうし、少し軽くするため馬鹿みたいにお金を突っ込むのはね……。
それにフロントシングルや、シートポストを切るなどする軽量化もありますけど、そこまでするのもねえ……。

話がそれてきましたが、パーツが揃ったし取り付けます。
悲しい姿でほうったらかしなのもかわいそうなので……。

160330_02.jpg

160330_03.jpg

160330_04.jpg

取り付け取り外しに難しいことは何もなし。
カーボンパーツなので、すべり止めグリスは当然付けておきます。



これ、一生使いきらないよな。
もっと小さいサイズで売ってくれたらいいのに……。
でも買わない訳にもいかないし……。
困ったもんですね。

160330_11.jpg

位置を決めてグリスも塗ったし、これを挿して――

160330_12.jpg

取り付け完了。
余分なものがついてますけど……。

160330_13.jpg

後は乗りながら、位置の微調整をすれば完成です。
一応、数百km程乗って、ここからシート位置は調整しました。

カーボンシートポストか、カーボンサドルのおかげかはわかりませんが、確実に地面からのショックが減りましたね。
それもショックが無くなるのではなく、以前より柔らかくなって伝わってくる。

だから乗りづらさはないし路面の様子も感じる事ができる、それでショックが優しく緩和されているので、長距離走った時の疲れや、お尻へのダメージが少なくっています。

カーボンシートポストとカーボンサドルは、ある程度慣れた人の軽量化にも効果ありますが、それ以上に初心者の方への恩恵が強いんじゃないかな?
確実に疲れなくなり、お尻が痛くなりにくくなります。
もちろん自分のお尻にあったサドルにする必要はあるけど、おすすめですよ!
サドルは、このクラスにしてはかなり安いしね。







早朝登坂自転車隊というチームで走っています。
仲間を募集していますので、Twitter、コメントなどでお声がけください。
一緒に楽しく走りましょう!!

条件は、早朝に彩湖、ホンダエアポートに集合できて、一緒に走れればOK!
トレインの巡航速度は35kmくらいですね。


ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿