ポチッとお願い

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

シマノPROターニックスカーボン132mmを買ったよ。これで軽量化かつシマノPRO統一だと思ったら……。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

カーボンシートを購入。
シマノPROのターニックスカーボンです。

160317_01.jpg

これで軽量化ができるし、そして周辺パーツをシマノPROで統一ができた。
これでハンドル・ステム・シートポスト・サドルがシマノPROです。
ヘッドキャップやエンドキャップもシマノPROですね。

話を戻し新サドルのターニックスカーボンです。

160317_02.jpg

160317_03.jpg

実売1万円代で155gは、コストパフォーマンスが高い。
この重量のサドルなら3万円くらいするのがザラだし。
お尻に合うかどうかは、使って見ないとわからないけどね。

私は今まで使ってきたサドルはどれも、酷く痛くなったと言うことがありません。
サドルにドカッと座ることは少ないので、どんな物でも平気なんだと思っています。
タイオガのスパイダーとか、フルカーボンサドルなんかだと痛くなるかもしれませんけど。

とりあえず取り付け前に計量です。
ターニックスは――

160317_04.jpg

今まで付いていたサドルは――

160317_05.jpg

��38g軽量化。
それにメーカー発表よりも軽い!
いいことですな!!



サクサクっと取り付けようと思ったら――

付きません……。

カーボンなのでレールが楕円なんですよね。
楕円対応じゃないと当然つかないんです。

だけど、ここで諦めるのもシャクです。

シマノのシートポストは固定力に優れながら、無段階で角度調整が可能な「ウェッジクランプシステム」が採用されています。
横からのボルト1本を締め付ければ、クランプが上下から挟み込むシステムです。

ですが楕円レールなので、クランプが引っかかってしっかり挟み込んでくれません。

160317_06.jpg

160317_07.jpg

上下から締め込んでくれればいいんだから、小加工でなんとかいけるのでは?
そう考えて、加工してみることにします。
単純に言えば削るだけです。

引っかかりを削り、クランプの奥まで楕円レールが入ればOK。
削る場所は、直接クランプする場所ではないし、分厚い箇所ですから強度的にも大丈夫でしょう。

金属ヤスリでガリガリいきます。
片方削ってみました。
これならちゃんと楕円レールが噛み込みます。

160317_08.jpg

両方削ってみました。

160317_09.jpg

アルミなので、直ぐに錆びることも無いでしょうが、一応タッチアップしときます。

160317_10.jpg

これで問題なし――

ではありませんでした。

楕円でレールが分厚くなった分、挟み込んでもネジ穴が合わなくなった……。
後は直接クランプと楕円レールの接触部分を削るしかないんですけど、ここは薄いし応力がかかる場所です。
削るのは強度が怖い……。

それに削った後、左右の誤差を無くすようにしないといけないんですが、コンマ以下の作業なんて自信ありません。
ここを削ったら、今付けているサドルが付くかどうかもわからなくなるし、危険過ぎるので諦めました。

素直にシートポストを注文しよう……。





早朝登坂自転車隊というチームで走っています。
仲間を募集していますので、Twitter、コメントなどでお声がけください。
一緒に楽しく走りましょう!!

条件は、早朝に彩湖、ホンダエアポートに集合できて、一緒に走れればOK!
トレインの巡航速度は35kmくらいですね。


ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿