ポチッとお願い

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

新春初ライドは恒例箱根の頂上で駅伝を応援!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ひねりも何もなくタイトルの通り、箱根駅伝を応援してきました。
色々誘ったんですが、ひとりで……。

正月の2日から箱根行こうなんて、断られて当然ですけどね……。

さてこの日は4時過ぎ起きで5時スタートです。
大手町を6時半スタートしたかったので、余裕をもってこの時間。
ですが、少し余裕をとりすぎて、大手町に着いたのは6時前……。

160102_12.jpg

でも、もう応援の人は沢山で、ロードもちらほら見かけました。
私はとりあえず近くにコンビニに退避、本日2回めの朝食と補給食を買い込みます。
と言っても、補給は私定番のカローリーメイトと、朝食にはウィダーのプロテインバーと缶コーヒー。



すぐさっき朝食でトースト2枚とコーヒーとヨーグルトにオレンジジュースを食べたとはいえ、この程度なら楽勝――と思っていたんですが間違いでした……。
消化の為に血液を胃腸へ送るため、あまり使わないように控えめで回し大手町を目指したつもりですが、結構使っていたらしい……。

プロテインバーとコーヒーが苦しい……。
だが食べかけを捨てるわけにもいかず、とりあえず完食します。

そんなバッドコンディションの中、時間になったのでスタートします。
なんだかんだで6:35くらいだったかな?

基本ひとりで走っていたのですが、トレインに追いつく度に無賃乗車。
後ろに付かせてもらいつつ、新しいトレインを見付けては乗り換えていく、卑劣な走法。
横浜に入る手前で、速いトレインの4人組について行くことに。
おひとりがチューブラーのスローパンクで離脱して3人になってしまいました、3Tの方残念です。
それでも、この人達は速く40kmオーバーくらいで牽いてくれ、遅くなっても30km後半。
これは助かりますが――

信号に捕まり私は着いていくことができませんでした……。
ノンビリ走ろうかと一瞬思ったのですが、さっきのトレインにに追いつこうとペースアップ。
運良く横浜駅前ではカブのオジサンの後ろに付かせてもらって、楽に40km程度をキープ。

おじさんに信号で挨拶すると――
【おじさん】「後ろは楽なんか?」
【私】「楽ですね。全然違いますよ!」
【おじさん】「それでか、ここを走っているとよく後ろに付かれるんだ」
【私】「丁度良い速度で走ってくれるから、みんな喜んで後ろにつくでしょうね」
他にも外人さんがよく後ろにつく、とか、自転車速いなあ、とか多愛もない話をして付かせてもらい、横浜駅を越えたくらいでお別れです。

せっかく体力を温存しながらペースアップができたので、このまま速度を落とさないように頑張っていると、なんとかさっきのトレインに追いつくことができました!

また牽いてもらって、戸塚の踏切も迂回路を紹介してもらい、後ろを付いていきます。
このまま湘南の海沿いも牽いてもらえれば助かるなあと思っていたのですが――私はひとり離脱。
脚はまだ保つんですが、膀胱が……。

丁度、試走でトラブルを起こした辺りだったので、そこのセブンにピットイン。
ワークマンにはお世話になりました。

160102_01.jpg

そして大変申し訳無いのですが、セブンでトイレを借りたけど何も買わず。
それは胃腸の調子がおかしかったから……。

全然消化していなくて、横隔膜が圧迫されている感じで呼吸が若干し辛い。
これは何か物を入れると、息ができなくなる兆候です。

所詮は100km強の距離、十分朝に食事してきたので補給がなくとも走りきれるでしょう。
走りながらの水分補給も最低限で、胃に負担がかからないように気をつけます。
こういう時はスポーツドリンクでよかったと思えます。
少しでもカロリーが摂取できますからね。

そうやって騙し騙し走りながら、なぜこうなったかを考えます。
食べ過ぎ、という程は食べていないんですがねえ。
恐らくは、正月で暴飲暴食したため胃腸に負担をかけてしまったのではと、自分では結論をだしました。
もう若くないから、これからはライド前日は油物を控えるとしましょう……。

一応体調が悪化しない内に、箱根手前のローソンに到着。
ここには多くのロードが停まっていて、みんな最後の休憩をしているようです。
トレインにただ乗りさせてもらった3人も、ここで休憩していました。

160102_02.jpg

私もホットドリンクを購入して暖をとります。
小田原の中継所が10:30で交通規制が入るので、休憩も程々に出発です。

規制にかかることなく、箱根湯本に到着。

160102_03.jpg

ここからが本番!
山岳の開始です。

ただ登るだけなら、そんなに辛くもないのですが、中盤までは自動車が渋滞していて、しかも道が細いためダンシングがし辛いのです。
私はシッティングメインなので、あまり関係ないのですが、これには注意らしいですよ。
今回、登り始めの時間が早かったため、あまり渋滞していなかったので登りやすかった!
でも観客が少なくて寂しいです。
大勢の観客が応援してくれる所を登るのが醍醐味なのに!
ツール気分を味わえるのに!!
まあ、仕方ありませんね……。

おかげサクッと登頂。

160102_04.jpg

160102_05.jpg

時間はまだ11:30で、早すぎた……。
トップが通過するのは大体13:10くらいなので、1時間半以上待たないといけません。
この日は1月らしくなく、日差しが凄く暖かったのですが、風が強くて寒い……。
ウインドブレーカーを着こみエマージェンシーシートを身体に巻き付けたのですが、それでも全然足りずに寒い。
風がやんでいると、暖かいのに!!

それでも待った甲斐があり、先頭の青学通過を見れました。

160102_06.jpg

160102_07.jpg

160102_08.jpg

160102_09.jpg

山の神速い!
��位を大きく引き離して独走です!。

選手の通過を見届けて、下りの準備です。
風が強く、軽いエマージェンシーシートが畳めない!
しかたなく適当に丸めてお腹の中にいれておきます。
下りきって、風の弱い場所で畳みましょう。

だが、これが正解!
お腹に入れておくと下りでも暖かい!
昔の選手が、よく新聞紙とか入れてたのがよく理解できる!!

下りも渋滞で、ブレーキを握る腕がだるくなってきますが、まだ寒すぎないだけ今年はマシ。
下ってから、中々走行レーンの左側にコンビニが出てこないので、お腹の中のシートが暑い!
早く出したいなあと思いつつ、やっとコンビニへ!

ここで折りたたんで背中のポッケに入れておいたのですが、折りたたみが甘く細長くしてしまったため風を受けて飛んでいったようです。
後ろを走っていたキャノンデールのお兄さんが、拾って届けてくれました。
全然気づかなかったよ、ありがとう!!

丁度権太坂を登った所で暗くなりはじめていたので、ここで夜装備と最後の補給をします。

160102_10.jpg

後は駅伝コースを外れショートカットで帰ります。
��5号に入らず1号のまま北上し、246号から環八です。
ここまで走ると、流石に疲れがでてきて脚が重い。
トルクがかからず、信号スタートや登りが辛いですが、ケイデンス上げめで誤魔化しの走行です。

最後の荻窪からのルートはいつも通勤路で慣れたもの、ここで気が緩んで、後は30km程度のノンビリ走行で帰宅しました。
試走では250kmだったのに、本番は少し距離が縮まりました。
なんでだろ?
トラブルなかったから、まあいいや!

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


0 件のコメント :

コメントを投稿