ポチッとお願い

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
クリテリウムに備えてハンドルを下げてみました。

なぜハンドルを下げたのか?
それは格好いいから!!

冗談です。
単純に言うと、ハンドルを下げると最高速が上がるからです。
ハンドルを下げただけで速くなるはずが無いと思うかもしれませんが――
その通り、速くなりません!

何を言ってるんだとお思いでしょうが、順番があります。
ハンドルを下げることで、頭の位置を下げることができるのです。
これで速くなります。

それはなぜかが問題ですね。
まず頭を下げることで前面投影面積が下がります。
前面当面積とは、前から見た時の面積のことで、当然これが少ない方が空気抵抗が下がるので速くなります。
ほら頭を下げている人は速いです!!

160115_04.jpg

このマーク・カベンディッシュは、スプリントの時に頭を低くするので有名です。
頭を下げた程度と思うかもしれませんが、速度が上がれば上がるほど空気抵抗は重要で、体感こそできませんが35km程度からかなり大きく変わります。
ですが、実は前面投影面積で、あまり高さを低くすることは効果がありません……。

また何を言ってるんだとお思いでしょう。
私もそう思いますが、もう少し聞いてください。
あまり効果がありませんが、あくまで「あまり」で多少は効果があります。

話がそれますが、縦より横を絞るほうが効果が高く、ハンドルを42から40にするだけで、平均速度が上がるそうです。
ツールなんかを走るトッププロの殆どが38か40を使ってるのも納得です。
たまにホーナーみたいに42を使ってブエルタを勝つ人もいますが……。

話を戻します、頭を下げても背中とお尻があるので、実は前面投影面積はあまり下がっていないんですよね……。
空気の流れは綺麗になりますから、多少空気抵抗は下がります。
頭を下げるのは、この通り空気の流れを綺麗にすることが目的なんです。
そして空気の流れを綺麗にすると、最高速が上がります。

実は、ロードに乗っている時に一番体に空気抵抗がかかる場所は、お腹なんです。
これをパラシュート効果と言いいます。
前傾姿勢の人間のお腹に空気が当たるから、パラシュート効果――そのままですね……。
これを低減するためには、お腹部分にとにかく空気を当てないこと。
先程に話が戻りますが、ハンドルを絞り腋を締めることで、お腹に空気が当たりにくくなって空気抵抗が下がります。
そして頭を下げると、空気をお腹ではなく、背中に流れるようになり空気抵抗が下がります。
これが、ハンドルを下げると最高速が速くなるということにつながり、ハンドルを下げたことで、ダンシング時にお尻を上げて頭を下げることができて、空気抵抗を下げて最高速があがります。

もちろん、こんな感じで空気抵抗を下げるポジションをとる必要はありますけどね。

160115_05.jpg

因みにパラシュート効果を下げるためには、お腹部分を垂直にせずに角度を付けて、後ろに空気を流すようすることも効果的です。
リカンベントが平坦で速いのは、このパラシュート効果が低いからです。
他にも、TTバイクはハンドルを遠くして下げ、更に前乗りにすることで可能なかぎり身体を寝かせるようにしていますね。
当たる風圧に寄っては乗る場所を変えるのも効果的です。
カヴのスプリントも前乗り(前傾姿勢)でしょ。

普段は、ロングで疲れ過ぎないように、そして登りでも使えるように、高めのハンドル位置にしていますが、今回は平坦オンリーのクリテリウム。
下げて空気抵抗を低減です!
でも――

160115_02.jpg

160115_03.jpg

飛び出たコラムが格好悪い……。
また戻すから、これは仕方ないけどね……。

因みに元の高さ。

160115_01.jpg

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2 件のコメント :

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あのポジションに近付いて案外走り易いかもね!
    俺は時折雪道のGL往路でぶっ飛んで来たぜ、他人の半分位のタイム。
    明日はEMH背負ってるんで楽しみながら喉から血の味がするくらいのスプリントすれば表彰でしょう!
    万一自走、輪行不能なら連絡して、オイル交換終わったら行けるから。

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    すまん往路確認の復路だった!

    返信削除